トップメッセージ / 経営理念

エバラ物流トップ > 会社案内 > トップメッセージ / 経営理念

会社概要 / 沿革

  • 会社概要 / 沿革
  • 経営理念

社長挨拶 代表取締役社長 中原敬三

1990年にエバラ食品工業㈱の物流子会社として誕生して以来、20数年経過いたしました。この間、お客様のニーズにお応えした食品共同配送システムを構築し、品質の高い物流サービスを提供すべくやってまいりました。
私は、物流会社としてやはりお客様に「必要とされる物流会社」であることが社会にとっても、お客様にとっても、又社員にとっても重要なことであると考えています。
昨今、社会環境、消費環境、物流環境の変化は大きく、そのような中「必要とされる物流会社」であり続けるには、その変化に適応し、進化し続けられるかにかかっています。その為には、もっともっと柔軟な考え方、発想を持ち、お客様の立場になって考えられることが求められます。
私どもエバラ物流は、「より速やかに、より正確に、より経済的に」をモットーに柔軟さと知恵を絞り、お客様に満足頂けるよう物流品質をさらに高め、皆様から「必要とされる物流会社」、又「No.1のサービスが出来る会社」を目指して企業力を高めてまいりたいと考えております。
今後とも、エバラ物流を宜しくお願い申し上げます。

  • トップメッセージ / 経営理念
  • 経営理念

経営理念

行動指針
目指すべき姿
グループ経営理念
  • トップメッセージ / 経営理念
ロゴ

『エバラ食品グループ経営理念・行動指針』

【経営理念】

「こころ、はずむ、おいしさ。」の提供

わたしたちは、お客様への情熱とチャレンジ精神を力に、
「人を惹きつける、新しいおいしさ」と
「期待で胸が膨らむ、ワクワクするおいしさ」を通じて、
人と人との絆づくりの機会を広げていきます。

【行動指針】

わたしたちは、「こころ、はずむ、おいしさ。」をお届けするために、以下の精神で行動していきます。

顧客満足を最優先:

わたしたちは、お客様へのお役立ちを大切にし、価値ある商品、心の通ったサービスを通じてお客様の信頼、満足を最優先に行動します。

さらなる企業成長を目指す:

わたしたちは、お客様にとって必要な企業であり続けるために、革新的な商品、サービスをタイムリーに届け続け、お客様とともに成長していきます。

冒険、反論、失敗の自由:

わたしたちは、自由な議論を通じた創造を重んじ、失敗を恐れず、常にチャレンジを続け、他に先駆けた面白さ、オリジナリティを大切にします。

環境への取り組み:

わたしたちは、低負荷型社会、循環型社会の実現に貢献すべく、省エネルギー・省資源、リサイクルを推進し、環境対策に取り組みます。

信頼される企業行動:

わたしたちは、わたしたち自身の透明性を高め、安全・安心と品質の追求、適切なコンプライアンス体制の確立などを通して、社会に信頼され、貢献できる企業となることを目指します。

【エバラ食品グループは、これまでも、これからも「創業の思い」を大事にしていきます】

「おいしいものを、さらにおいしく。」